診療科・部門のご案内

臨床研究部

臨床研究部は、治験・臨床研究に対し、様々な支援を行う部署です。
治験・臨床研究に参加される被験者さんへの対応やデータマネジメントを円滑に行えるように、医師・薬剤師・看護師・医療事務など様々な職種により構成された組織です。

臨床研究とは

病気の予防方法、診断方法及び治療方法の改善、病気の原因及び病態の理解並びに患者さんの生活の質の向上を目的として実施される人を対象とする研究のことをいいます。
これらの研究は、『人を対象とする医学系研究に関する倫理指針』に則って行われます。

臨床研究に関するご案内

    通常、臨床研究を実施する際には、文書もしくは口頭で対象となった方に説明・同意を行います。臨床研究のうち、侵襲や介入もなく診療情報等の情報のみを用いた研究や、余った検体のみを用いるような研究については、国が定めた指針に基づき、対象となった方のお一人ずつから直接同意をいただく代わりに,研究に用いられる情報の利用目的を含むその研究についての情報を公開し,対象となった方(ご家族を含む)が研究にご自身の診療情報を用いることを拒否できる機会を保障することが必要とされています。 ご自身(ご家族を含む)の診療情報を研究に使用してほしくない方や研究の内容について知りたいことがある場合は,各研究の情報公開文書に記載されている「お問い合わせ窓口」へご連絡ください。なお,研究に使用してほしくない等の申し出を行うことを理由に診療で不利益を受けることはありません。

臨床研究の情報公開文書一覧

※研究終了の年月は変更となることがございます。

承認番号

課題名

責任者所属

研究終了

E233

我が国における1型糖尿病の実態の解析に基づく適正治療の開発に関する研究

代謝内分泌内科

2024年3月

E228

睡眠時無呼吸症候群及び睡眠の包括的理解のための後ろ向き観察研究

呼吸器内科

2025年12月

E226

当人間ドックセンターにおける脂肪性肝疾患とメタボリックシンドロームとの関連性についての検討

人間ドックセンター

2024年3月

E225

重症喘息に対する生物学的製剤使用実態に関する後ろ向き観察研究

呼吸器内科

2024年3月

E224

NAFLD/MAFLDとサルコペニアとの関連性について
-人間ドック受診者約7000例の解析から-

人間ドックセンター

2026年3月

E223

肝線維化マーカーMac-2結合蛋白糖鎖修飾異性体(M2BPGi)のNAFLD/MAFLDスクリーニングの有用性について
-人間ドック受診者約7000例の検討-

人間ドックセンター

2024年3月

E222

特発性間質性肺炎急性増悪の予後因子の検討

呼吸器内科

2022年8月

E213

非小細胞肺癌患者における免疫チェックポイント阻害薬治療と臨床的因子の関連性に関する後方視的観察研究

呼吸器内科

2023年12月

E203

2021年に外科手術を施行された肺癌患者のデータベース研究

呼吸器外科

2029年12月

E195

COVID-19 に関するレジストリ研究

呼吸器内科

2024年3月

E187

日本人NAFLDおよびCKDの疫学に関する多施設共同後ろ向き観察研究

人間ドックセンター

2023年12月

E177

日本のNAFLDに関して、超音波エラストグラフィ(フィブロスキャン)とFib4 indexを用いた、有病率と線維化ステージ分布に関する多施設共同前向き観察研究

人間ドックセンター

2024年3月

E153

甲状腺クリーゼ:多施設前向きレジストリー研究

代謝内分泌内科

2023年1月

E123

前立腺がん患者さんの診断時背景因子と初期治療および治療経過に関する実態調査研究

泌尿器科

2029年3月

上記以外に現在、院内掲示にて公開している臨床研究もございます。随時、掲載を更新してまいります。

個人情報保護方針

このページの先頭へ